~土の料理人~ 奥田眞明 

川波農園で土を耕す
川波農園で土を耕す

 毎朝7時、生駒高山にて、畑を耕す土の料理人

  

料理を食べるだけじゃもったいない!

体中で自然のおいしさを感じてほしいんや!

 

「野菜ってこんなにおいしいものなんだ」

と気づいてほしいんや

 野菜の7割は、土で決まる

自分が納得する野菜は、自ら作る

「土の料理人」の所以である

 

奈良高山の「川波農園」では、

手ぬぐいでほおかむりした作務衣姿


奈良新大宮の日本料理 「川波」では、

白い角帽と白衣の和食調理人

 

毎日が朝採れ食材
毎日が朝採れ食材

 

野趣あふれる山育ちの食材と、

粋で繊細な和風料理


どちらも「土の料理人」が生みだす逸品


きっかけは?

 

 月心寺の庵主さんの精進料理に感銘を受けた

野菜ってこんなにおいしいもんやったんやって・・・

 

 でもええ野菜って探しても見つからへん

そんなら自分でつくるしかないと

 

 ぬか、油カス、卵殻、柿しぶ、モミ殻、

落ち葉などを混ぜ、寝かせて発酵、

  

自家製堆肥の栄養が地力をつける

 

土づくりから始まった 


更なるこだわりは、器にも・・・



陶器だけじゃない


20年前に、朴の木を植え、ほうの葉を皿にする。底は平らで舟形に乾かす。

料理の盛り付けを考え、様々な創意工夫を凝らす。